FLETCHER CHOUNARD DESIGINS

本日、patagoniaの営業のMoriさんがFCD(フレッチャー・シュイナード・デザインズ)の試乗ボードを数本持って大倉戸に遊びに来てくれました。

FCDは環境への影響に配慮し、かつ強度に優れたEPSによるサーフボード製法で、マロイ兄弟、ジェリー・ロペス、デヴォン・ハワードなどトップライダーのリアルなフィードバックを得て、カリフォルニア・ベンチュラの自社ファクトリーから一本一本ハンドメイドで創り出されています。

今回は幅広いラインナップの中から、TRIDITIONALと言うロングボードとミッドレングスのHUEVO RANCHEROと言うエッグボードと2本試乗しました。

本日のコンディションは西風が少し入った膝、腿のチョッピーなコンディションでしたが、浮力のあるボードのお陰でファンサーフできました。

その2本のボードを紹介します。

MODEL:TRIDITIONAL(EPS)

SIZE:9′o”×22 1/16″×2 3/4″

DECK:6oz×3

Bottom:6oz×2

TAIL:SQ

FIN:Single+Stabilizer

SHAPER:Fletcher Chounard

このTRIDITIONAL(トリディッショナル)はデッキ6オンス3層、ボトム6オンス2層で巻いてあるため、EPSでもしっかりと重量がありました。

その為、安定感があり、レールをセットするとスピード感が得られ、トリム、ターンにおいてもスムースにできるオールラウンドな乗り味を楽しめるボードでした!!

小波でも充分楽しめましたが、もう少しサイズのある面の固いショルダーの張った波の方が本領発揮してくれそうなボードだと感じました。

MODEL:HUEVO RANCHERO(EPS)

SIZE:6’2″×20 1/4″×2 7/16″

DECK:4oz×3

BOTTOM:4oz×2

TAIL:Round

FIN:Single+Stabilizer

SHAPER:Fletcher Chounard

このHUEVO RANCHERO(ウエポ・ランチェロ)はレトロでもなくファンボードでもないエッグシェイプです。

幅の広いラウンドノーズなので、速いパドリングから余裕をもったテイクオフができます。

前足加重にするだけでスピーディーなライディングからマニューバーを楽しめ、フラットなセクションでもスピードをロスすることがない為、大倉戸みたいな力のない波にも優れたボードだと思いました。

テールもラウンドテールなので、スムースなカットバックやカービングも可能なスペシャルなボードでした!!

今日FCDを試乗して感じた事は、全てのレベルのサーファーが乗っても楽しくサーフィンでき、満足できるボード創りをしているなと思いました。

Moriさん貴重な時間をどうもありがとうございました。

カテゴリー: FCD   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL: http://ksc-ss.com/blog/fcd/fletcher-chounard-desigins/trackback/